アロマ、美容、健康のために。色々試してみた件

iroiroken

体験レビュー その他

自宅で極上コーヒーを!パナソニック焙煎機『The Roast(ザ・ロースト)』体験レビュー

投稿日:2018年5月2日 更新日:

パナソニックの本格コーヒー『The Roast(ザ・ロースト)』の体験イベントに行ってきました♬

「おうちで、極上のコーヒー体験を」がコンセプトの、パナソニック『The Roast(ザ・ロースト)』

世界中の生豆をプロの技で焙煎できるということで、コーヒー好きにはとても気になる商品。早速レビューしたいと思います!

スポンサーリンク

The Roast(ザ・ロースト)とは?

パナソニックのコーヒーサービス『The Roast』は、本体の "家庭用コーヒー焙煎機" とあわせて、毎月種類が変わる "専用の厳選生豆" をセットで契約するサービスです。

生豆は全て、厳しい品質管理と安全基準で厳選されたスペシャルティコーヒーを使用。季節に合わせた4つのテーマで、1年かけて世界中のコーヒーを楽しむことができます。

4〜6月:香りを楽しむ
7〜9月:味わいを楽しむ
10〜12月:マッチングを楽しむ
1〜3月:アレンジを楽しむ

焙煎プロファイルは2013年焙煎世界大会「World Coffee Roasting Championship」で優勝した "世界一の焙煎士" 後藤直紀さんが作成。
TBS『マツコの知らない世界』のおうちコーヒー特集に出演されていた方です^^

豆の特徴に合わせて1豆ごとに2〜3パターンの焙煎プロファイルが焙煎機にプログラムされていて、1年で100パターン近くものコーヒーを楽しむことができます。

 

コーヒー本来の味を楽しむ

コーヒーの美味しさは『生豆で7割』『焙煎で2割』『抽出で1割』が決まると言われています。挽いた豆を買うよりも自宅で挽いたほうが味わい深いですが、それでも本来の美味しさの1割しか引き出せていないのだとか。

そして焙煎してから時間が経つにつれて豆は酸化してしまうので、豆本来の香りや味わいを楽しみたいなら焙煎から2週間以内のものが良いそうです。

>>Panasonic Storeで詳細を見る

 

操作体験&試飲してきました

The Roastは電気式焙煎機です。一度に焙煎できる量は50gとのこと。手間やコツが要らず、簡単に本格的なコーヒーを味わうことができます。

焙煎には焙煎機とiOS端末をBluetoothで連携させる必要があります。なのでiOS端末(iPhone、iPad、iPodなど、iOSなら何でもいいそうです)が必須。専用アプリをインストールして操作します。

今回いただいたのはブラジル サントアントニオ地区の「ナッティブレイク」という豆です。

操作は簡単

  1. iOS端末で専用アプリを起動
  2. 生豆のパッケージにあるQRコードを読み込む
  3. プロファイル(深煎りなど)を選択・送信
  4. 焙煎機に生豆投入

焙煎をスタートしたら一旦放置!10分前後で焙煎が完了します。

焙煎が進むにつれて豆の薄皮(チャフ)が下のガラス瓶に溜まっていき、焙煎が終わって冷却まで完了したらアプリがお知らせしてくれます。

通知が来たら、チャフが溜まったガラス瓶を取り外して空の瓶に入れ替えます。そしてスイッチを押すと焙煎されたコーヒー豆がガラス瓶に一気に放出!これで焙煎完了です♬

火にかけて焙煎するとチャフが飛び散ったりして後片付けが大変ですが、こちらはガラス瓶に溜まったチャフをポンっと捨てるだけ。ガラス瓶や焙煎機の蓋部分は取り外して洗えるのでお手入れも簡単です(食洗機は不可らしい)。

写真 左:チャフ 右:焙煎豆

焙煎したてを味わう

焙煎したての豆をミルで挽いて、早速淹れていただきました。

お湯を注いだ途端に粉全体がぶわっと膨らみました^^新鮮な証ですね!

実は2週連続で体験会に参加したので、ナッティブレイクの「浅煎り」「中煎り」「深煎り」全て試飲することができました(^^)/

前回は焙煎したての「浅煎り」と「深煎り」を、

今回は焙煎したての「中煎り」と、焙煎して1週間経過した「深煎り」をいただきました。

同じ豆でも焙煎度合いや経過時間によって味が違ってくることを実感!焙煎したての「深煎り」は苦味とコクが深くて酸味を全然感じなかったのですが、1週間経過すると味が落ち着いて少し酸味が出てきました。「浅煎り」は酸味が強くてあっさり、「中煎り」はバランスがよくて一番飲みやすかったです。

どれも市販品ではなかなか味わえない美味しさでした(*^^*)これが自宅で飲めるなら検討の価値ありです!

 

購入について考える

料金は安い?高い?

『The Roast』は定期購入のサービスで、基本的に1年契約です。
※途中解約の場合は違約金5,000円がかかるそうです。
※コース変更や休止は可能です。

初回の焙煎機購入価格10万円の他に、毎月届く生豆(1パック:200g)が3パックセットなら5,500円/月、2パックセットの場合は3,800円/月 (それぞれ税別)の別途料金がかかります。

これだけ見るとかなりコストがかかるように思いますね(・_・;

ただし1杯あたりで換算した場合、

生豆1ヶ月分

・3パックセット(48杯分):1杯あたり約115円
・2パックセット(32杯分):1杯あたり約119円

となるので、喫茶店やコーヒーショップの代わりに利用すると考えればむしろ安いほうかもしれません。

 

それでもやっぱり「本体10万円」で躊躇する人が多いんじゃないかなぁと思います。「焙煎機はレンタルで生豆のみ定期購入」というような契約スタイルがあれば嬉しいのですが、難しいかなぁ。一応アンケートに書いておきました(^^ゞ

とは言えThe Roastのような焙煎したての美味しさは喫茶店なら1杯400円以上するでしょうし、長い目で見るとお得な買い物だとは思います。

 

購入できる場所は?

The Roastは家電量販店では販売しておらず、全国のパナソニックセンター または 公式オンラインストアでのみ販売しています。

気になった方は詳細をチェックしてみてください♪
>>Panasonic The Roast の詳細を見る


こちらの記事も読まれています

-体験レビュー, その他
-

Copyright© iroiroken , 2019 All Rights Reserved.