アロマ、美容、健康のために。色々試してみた件

iroiroken

体験レビュー 美容 コスメ

ラナレイ プリズム CCクリームの特徴とカラー比較

投稿日:2017年7月18日 更新日:

「崩せない人」の為のLANAREY(ラナレイ)

昨年の夏頃、ファンデーション選びに悩んでいるときにラナレイシリーズを見つけ、このキャッチコピーに惹かれて購入しました。

ラナレイ プリズム CCクリーム

軽いつけ心地で厚塗り感がなく、それでいて毛穴は目立たなくしてくれる優れものです。

汗をかいても崩れにくく、乾燥も防いでくれるのでオールシーズン使えます。

このCCクリーム、愛用されているモデルさんも多いようですね。口コミでも「テカりを抑えて一日中キープできる」「悩みを自然にカバーしてくれる」と高評価です。

ラナレイ プリズムCCクリームがなぜこんなに優秀なのか?理由を調べてみました。

ラナレイ プリズムCCクリームとは

1本で8役の多機能CCクリーム

  • 美容液
  • 乳液
  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • カラーコントロール
  • 毛穴カバー
  • コンシーラー
  • ファンデーション

ラナレイ プリズムCCクリームは、1本でこの8つの役割をこなしてくれます。
1つ1つ付けていたら、美容液が肌に馴染むのを待って…乳液をつけてまた馴染むのを待って…とすごく時間がかかりますよね。

これ1本でスキンケアからベースメイクまで一気に完成!忙しい人の時短メイクにも良いですね。

 

夕方まで崩れない オイルセパレート

そもそも化粧崩れが起きる原因は、ファンデーションに含まれているオイル(シリコン)だそうです。かといってオイルがなければ伸びが悪くなり、ファンデーションが均一についてくれません。

ラナレイは「オイルセパレート」という独自技術で、塗り終わったら不要なオイルが瞬時に揮発するのでメイクが崩れにくくなります。

そして不要なオイルがなくなったことで、スキンケア成分とエイジングケア成分が肌にピタッと密着してくれて、つけたてのきれいな肌を持続してくれます。

スポンサーリンク

独自技術「プリズム作用」

ラナレイ独自の「光を乱反射するパウダー成分」が全方向から肌を補正し、気になるシミ、くすみ、小じわを見立たなくします。

BBクリームは「塗って隠す」のに対して、CCクリームは「光でごまかす」なんですね。光でごまかしているので、鏡でまじまじと見るとシミが隠れていないのが分かります。

超至近距離でも隠したい!という方は、CCクリームを塗った後に「ラナレイ プリズムコンシーラー」を使うのをおすすめします。私は気になる所はコンシーラーでカバーしています。かなり目立たなくなりますよ!

 

スキンケア&エイジングケア成分配合

16種類のフルボ酸、酵素、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの美容成分が凝縮されています。

フルボ酸って何?と思い調べたところ、今 注目の成分らしいですね!

フルボ酸は、自然由来の水溶性物質で、粘膜や皮膚から吸収されます。「新陳代謝促進」や「抗酸化作用」があり、うるおいに満ちたお肌へと近づけてくれます。

他にも 加水分解酵母エキス や保湿成分がふっくらハリのあるお肌に整え、できてしまったエイジングサインにもアプローチしてくれます。

 

日焼け止め代わりにも

「SPF50+・PA++++」でUV効果も高く、それでいて日焼け止め特有のヌルつきもなく軽いつけ心地なので、日焼け止め代わりに使うのも良いと思います。

 

カラーバリエーション比較

カラーは現在3色発売されています。

写真は左からオークル(標準色)、ロゼ、ベージュです。全色購入してローテーションで使ってみました。

目安として、

・イエローベースの肌:オークル(標準色)
・ブルーベースの肌:ロゼ
・健康的な肌色:ベージュ

が馴染みやすいです。

 

私の肌はイエローベースなので、標準色が一番馴染みました。

腕ならロゼも馴染んでるかなーと思ったのですが、顔につけるとちょっと色が浮いた感じになってしまいました。
なのでロゼはコントロールカラーとして使っています。頬に塗ると血色が良く見えます^^

ベージュは肌よりだいぶ濃い色になりますが、引き締まって見えました。カバー力も高いです。

 

まとめ

以上、ラナレイ プリズムCCクリームについてでした。

価格は 30g 3500円 なのでプチプラとは言えませんが、コスパは良いです。のびが良いので1回につきワンプッシュでも充分な量です。

しっかりめのベースメイクにしたい時は、ラナレイシリーズのコンシーラーやパウダーで仕上げるのもおすすめです。こちらも軽いつけ心地で使いやすいです。


こちらの記事も読まれています

-体験レビュー, 美容, コスメ
-, ,

Copyright© iroiroken , 2019 All Rights Reserved.