アロマ、美容、健康のために。色々試してみた件

iroiroken

美容 ヘアケア

【新旧比較】パナソニックのドライヤー「ナノケア」EH-NA99のスペックと口コミまとめ

投稿日:

パナソニックのドライヤー『ナノケア』の最新モデル「EH-NA99」のCMが話題になっていますね。

EH-NA99」は今年9月に発売され、レビューでも高評価を獲得しています。

 

私はひとつ前のモデルの「EH-NA98」を使っていて、こちらも十分に優れたドライヤーなのですが、最新モデル「EH-NA99」は何が変わったのでしょうか?

パナソニックのドライヤー「ナノケア」の特徴と使ってみた感想

今回は新旧スペックの比較と、EH-NA99を使用している方の口コミをまとめました。

スポンサーリンク

EH-NA98とEH-NA99のスペック比較

EH-NA99 EH-NA98
風量 1.3m3/min(TURBO時)
温風温度 DRY/HOT時:125℃
SCALP時:60℃
(室温30℃の時)
消費電力 1200W(TURBO時)
コードの長さ 1.7m
サイズ 幅21x高さ22.7x奥行9cm 幅21x高さ22.8x奥行8.9cm
重量 約575g(セットノズル含まず)
カラー ルージュピンク

ピンクゴールド
付属品 セットノズル
温冷リズムモード
インテリジェント温風モード
スカルプ(地肌)モード
スキンモード
毛先集中ケアモード -
速乾ノズル ○(新・速乾ノズル)
「ナノイー」イオンチャージ 「ナノイー」イオンチャージPLUS 「ナノイー」イオンチャージPLUS
ダブルミネラルマイナスイオン
UVケア
海外使用 - -

赤字にしたところが新旧でスペックが異なるところです。

新モデルEH-NA99では「毛先集中ケアモード」と「新・速乾ノズル」が搭載されていますね。

 

毛先集中ケアモード

室温を検知して自動で温風・冷風を交互に出すモード。

温風で髪内部の水素結合を一度切断し、手ぐしやブラシで整えてから冷風で再結合させることで、まとまりやツヤをもたらします。

また、毛先を逃がしにくい風量で、毛先に適した温冷周期にすることで、毛先まで髪質改善に働きかけるというものです。

EH-NA98にも「温冷リズムモード」が搭載されていますが、EH-NA99の「毛先集中ケアモード」は毛先のケアに最適な弱めの風量・温冷切替時間に設定されているそうです。

毛先の広がりが気になる方には、この機能が搭載されたEH-NA99が良いかもしれません。

 

新・速乾ノズル

「速乾ノズル」はEH-NA98にも搭載されていますが、その形状を見直すことによって「風の強弱差」が拡大し、毛束のほぐし作用を強化したことにより、速乾性能が約15%向上したとのことです。

EH-NA98を初めて使った時、それまで使っていたドライヤーの半分の時間で髪が乾いて感激しました^^

それよりさらに早く乾くとのことで、特に毛量が多い方やロングヘアの方には嬉しい性能アップですね。

 

最新モデルEH-NA99の口コミは?

EH-NA99を購入された方の口コミを見てみると、特に「スタイリングのしやすさ」が旧モデルより評価が上がっていました。

新機能「毛先集中ケアモード」の効果を実感されている方が多いようですね。

パワー・乾くスピード」は旧モデルでも高評価でしたが、さらに評価が上がっているようです。

 

低評価の口コミを見てみると、「使いやすさ」がネックになっている方が多いようです。

目的に合わせた様々なモードが搭載されていて、髪を乾かすだけでなくヘアケアにも優れているのですが、「設定方法が細かいので毎回切り替えるのが面倒」という声もありました。

また、新旧どちらのモデルも共通して、本体がやや重いという意見が見られました。

重量は新旧で変わらないので、速乾性能がアップしている分、新モデルの方がマシというところでしょうか。

 

新旧どちらを選ぶべき?

ほとんどの機能は旧モデルのEH-NA98にも搭載されてる上に、型落ちして低価格になっているので、今選ぶならEH-NA98で良いのではないかと思います。

 

毛先のケアやスタイリングのまとまりを重視する場合は、新モデルのEH-NA99を選ぶと良いでしょう。

 

以上、パナソニック『ナノケア』の新旧比較でした。参考になれば幸いです。


こちらの記事も読まれています

-美容, ヘアケア
-,

Copyright© iroiroken , 2019 All Rights Reserved.