アロマ、美容、健康のために。色々試してみた件

iroiroken

ハーブ系 アロマ

ペパーミント精油の特徴|アロマ備忘録

投稿日:2017年9月26日 更新日:

 

ペパーミントの主成分であるメンソールは、食品や歯磨き粉、化粧品などにもよく使われています。ペパーミントのハーブティーも人気がありますね。精油もシャープでスッとした香りが馴染みやすいです。

爽快な香りのペパーミント精油は眠気覚ましやクールダウン、お掃除や天然の虫よけスプレーなど、さまざまな場面で活躍します。

価格も比較的安価で手に入れやすいのもいいですね。1本もっておくと役立つことが多いでしょう。

精油の基本データ

英名 Peppermint
学名 Mentha piperita(メンタ・ピペリタ)
科名 シソ科
種類 多年草
産地 アメリカ、イギリス、オーストラリア、イタリア
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
香りのタイプ ハーブ系
香りの特徴 清涼感のあるクールな香り
ノート トップノート
代表成分 l-メントール (モノテルペンアルコール類)
l-メントン  (ケトン類)
1.8-シネオール (オキサイド類)
イソメントン  (ケトン類)

 

こんな時におすすめ

  • 集中力が必要なとき
  • イライラを抑えたいとき
  • 眠気覚ましに
  • 長時間のドライブに
  • お酒を飲みすぎたとき
  • お腹の調子が気になるとき
  • ムカムカするときに
  • 立ち仕事のあとに
  • 風邪の予防に
  • 脂性肌に
  • 日焼けのケアに
  • 暑さ対策に
  • キッチンや玄関のお掃除に
  • 天然の消臭スプレーとして
  • 虫よけ対策に

 

注意点

  • 乳幼児、妊産婦、授乳中の方は使用を避けましょう
  • てんかんの方は注意が必要です
  • 肌が敏感な方は低濃度で使用しましょう
  • 寝る前には向かない精油です

 

ブレンドにおすすめの精油

柑橘系と相性が良いです。樹木系やハーブ系、フローラル系のラベンダーとも合います。

運動や立ち仕事のあとに、ラベンダーやグレープフルーツとブレンドしたフットバスがおすすめです。

集中したいときはレモン、ローズマリーなどがよいでしょう。


こちらの記事も読まれています

-ハーブ系, アロマ
-,

Copyright© iroiroken , 2019 All Rights Reserved.