アロマ、美容、健康のために。色々試してみた件

iroiroken

アロマ まとめ

体調に合わせた精油の注意点まとめ|アロマ備忘録

投稿日:2017年9月5日 更新日:

精油の中には、体調や体質によって使用を避けたほうがいいものがあります。一覧にまとめましたので、アロマを安心・安全に楽しむために参考にしてみてください。

★こちらの記事も合わせてご覧ください⇒精油を取り扱う上で注意したい7項目。|アロマ備忘録

妊娠中は避ける精油

 

妊娠初期は避ける精油

 

授乳中は避ける精油

 

子どもへの使用は避ける精油

 

生理中は控えたほうがいい精油

 

敏感肌には注意が必要な精油

 

まれに敏感肌に刺激が出る精油

 

血圧が高い人は注意が必要な精油

タイムユーカリローズマリー(カンファー)

 

血圧が低い人は注意が必要な精油

 

緑内障の人は注意が必要な精油

 

前立腺疾患の人は注意が必要な精油

 

てんかんの人は避ける精油

 

腎臓疾患の人は避ける精油

 

肝臓疾患の人は継続使用を避ける精油

 

乳がん、乳腺炎、子宮内膜症などの婦人科系疾患のある人は避ける精油

 

喘息の人は避ける精油

 

キク科アレルギーの人は避ける精油

 

アレルギー体質の人は注意が必要な精油

 

飲酒したあとは使用を控える精油

 

うつの人は注意が必要な精油

 

光毒性がある精油

アンジェリカルート、グレープフルーツ、ビターオレンジ、ベルガモットユズ、ライム、レモン

 

それぞれの精油の特徴については随時更新していきます!

こちらの記事も読まれています

-アロマ, まとめ
-,

Copyright© iroiroken , 2019 All Rights Reserved.